万葉集4313番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4313番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4313番について

歌番号

4313番

原文

安乎奈美尓|蘇弖佐閇奴礼弖|許具布祢乃|可之布流保刀尓|左欲布氣奈武可

訓読

青波に袖さへ濡れて漕ぐ舟のかし振るほとにさ夜更けなむか

かな読み

あをなみに|そでさへぬれて|こぐふねの|かしふるほとに|さよふけなむか

カタカナ読み

アヲナミニ|ソデサヘヌレテ|コグフネノ|カシフルホトニ|サヨフケナムカ

ローマ字読み|大文字

AONAMINI|SODESAHENURETE|KOGUFUNENO|KASHIFURUHOTONI|SAYOFUKENAMUKA

ローマ字読み|小文字

aonamini|sodesahenurete|kogufuneno|kashifuruhotoni|sayofukenamuka

左注|左註

右大伴宿祢家持獨仰天漢作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年7月7日年紀|七夕|独詠

校異

特に無し

寛永版本

あをなみに[寛],
そでさへぬれて,[寛]そてさへぬれて,
こぐふねの,[寛]こくふねの,
かしふるほとに[寛],
さよふけなむか[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました