万葉集4492番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4492番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4492番について

歌番号

4492番

原文

都奇餘米婆|伊麻太冬奈里|之可須我尓|霞多奈婢久|波流多知奴等可

訓読

月数めばいまだ冬なりしかすがに霞たなびく春立ちぬとか

かな読み

つきよめば|いまだふゆなり|しかすがに|かすみたなびく|はるたちぬとか

カタカナ読み

ツキヨメバ|イマダフユナリ|シカスガニ|カスミタナビク|ハルタチヌトカ

ローマ字読み|大文字

TSUKIYOMEBA|IMADAFUYUNARI|SHIKASUGANI|KASUMITANABIKU|HARUTACHINUTOKA

ローマ字読み|小文字

tsukiyomeba|imadafuyunari|shikasugani|kasumitanabiku|harutachinutoka

左注|左註

右一首右中辨大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平宝字1年12月23日年紀|宴席|大原今城

校異

歌【西】謌

寛永版本

つきよめば,[寛]つきよめは,
いまだふゆなり,[寛]いまたふゆなり,
しかすがに,[寛]しかすかに,
かすみたなびく,[寛]かすみたなひく,
はるたちぬとか[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました