万葉集4293番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4293番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4293番について

歌番号

4293番

原文

安之比奇能|山行之可婆|山人乃|和礼尓依志米之|夜麻都刀曽許礼

訓読

あしひきの山行きしかば山人の我れに得しめし山づとぞこれ

かな読み

あしひきの|やまゆきしかば|やまびとの|われにえしめし|やまづとぞこれ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマユキシカバ|ヤマビトノ|ワレニエシメシ|ヤマヅトゾコレ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAYUKISHIKABA|YAMABITONO|WARENIESHIMESHI|YAMAZUTOZOKORE

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamayukishikaba|yamabitono|warenieshimeshi|yamazutozokore

左注|左註

右天平勝寶五年五月在於大納言藤原朝臣之家時|依奏事而請問之間|少主鈴山田史土麻呂語少納言大伴宿祢家持曰|昔聞此言|即誦此歌也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年5月年紀|伝誦|山田土麻呂|古歌|行幸|奈良|神仙|枕詞|大伴家持|藤原仲麻呂

校異

歌【西】謌

寛永版本

あしひきの[寛],
やまゆきしかば,[寛]やまゆきしかは,
やまびとの,[寛]やまひとの,
われにえしめし[寛],
やまづとぞこれ,[寛]やまつとそこれ,

巻数

第20巻

作者

元正天皇

タイトルとURLをコピーしました