万葉集4300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4300番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4300番について

歌番号

4300番

原文

可須美多都|春初乎|家布能其等|見牟登於毛倍波|多努之等曽毛布

訓読

霞立つ春の初めを今日のごと見むと思へば楽しとぞ思ふ

かな読み

かすみたつ|はるのはじめを|けふのごと|みむとおもへば|たのしとぞもふ

カタカナ読み

カスミタツ|ハルノハジメヲ|ケフノゴト|ミムトオモヘバ|タノシトゾモフ

ローマ字読み|大文字

KASUMITATSU|HARUNOHAJIMEO|KEFUNOGOTO|MIMUTOMOHEBA|TANOSHITOZOMOFU

ローマ字読み|小文字

kasumitatsu|harunohajimeo|kefunogoto|mimutomoheba|tanoshitozomofu

左注|左註

右一首左京少進大伴宿祢池主

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年1月4日年紀|宴席|賀歌|寿歌

校異

波【元】(塙)婆

寛永版本

かすみたつ[寛],
はるのはじめを,[寛]はるのはしめを,
けふのごと,[寛]けふのこと,
みむとおもへば,[寛]みむとおもはは,
たのしとぞもふ,[寛]たのしとそおもふ,

巻数

第20巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました