万葉集4306番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4306番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4306番について

歌番号

4306番

原文

波都秋風|須受之伎由布弊|等香武等曽|比毛波牟須妣之|伊母尓安波牟多米

訓読

初秋風涼しき夕解かむとぞ紐は結びし妹に逢はむため

かな読み

はつあきかぜ|すずしきゆふへ|とかむとぞ|ひもはむすびし|いもにあはむため

カタカナ読み

ハツアキカゼ|スズシキユフヘ|トカムトゾ|ヒモハムスビシ|イモニアハムタメ

ローマ字読み|大文字

HATSUAKIKAZE|SUZUSHIKIYUFUHE|TOKAMUTOZO|HIMOHAMUSUBISHI|IMONIAHAMUTAME

ローマ字読み|小文字

hatsuakikaze|suzushikiyufuhe|tokamutozo|himohamusubishi|imoniahamutame

左注|左註

右大伴宿祢家持獨仰天海作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年7月7日年紀|七夕|独詠

校異

歌【西】謌

寛永版本

はつあきかぜ,[寛]はつあきかせ,
すずしきゆふへ,[寛]すすしきゆうへ,
とかむとぞ,[寛]とかむとそ,
ひもはむすびし,[寛]ひもはむすひし,
いもにあはむため[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました