万葉集4297番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4297番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4297番について

歌番号

4297番

原文

乎美奈<弊>之|安伎波疑之努藝|左乎之可能|都由和氣奈加牟|多加麻刀能野曽

訓読

をみなへし秋萩しのぎさを鹿の露別け鳴かむ高圓の野ぞ

かな読み

をみなへし|あきはぎしのぎ|さをしかの|つゆわけなかむ|たかまとののぞ

カタカナ読み

ヲミナヘシ|アキハギシノギ|サヲシカノ|ツユワケナカム|タカマトノノゾ

ローマ字読み|大文字

OMINAHESHI|AKIHAGISHINOGI|SAOSHIKANO|TSUYUWAKENAKAMU|TAKAMATONONOZO

ローマ字読み|小文字

ominaheshi|akihagishinogi|saoshikano|tsuyuwakenakamu|takamatononozo

左注|左註

右一首少納言大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年8月12日年紀|植物|動物|地名|高円|奈良|宴席#[訓異]

校異

敝->弊【類】【紀】【細】

寛永版本

をみなへし[寛],
あきはぎしのぎ,[寛]あきはきしのき,
さをしかの[寛],
つゆわけなかむ[寛],
たかまとののぞ,[寛]たかまとののそ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました