万葉集4483番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4483番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4483番について

歌番号

4483番

原文

宇都里由久|時見其登尓|許己呂伊多久|牟可之能比等之|於毛保由流加母

訓読

移り行く時見るごとに心痛く昔の人し思ほゆるかも

かな読み

うつりゆく|ときみるごとに|こころいたく|むかしのひとし|おもほゆるかも

カタカナ読み

ウツリユク|トキミルゴトニ|ココロイタク|ムカシノヒトシ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

UTSURIYUKU|TOKIMIRUGOTONI|KOKOROITAKU|MUKASHINOHITOSHI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

utsuriyuku|tokimirugotoni|kokoroitaku|mukashinohitoshi|omohoyurukamo

左注|左註

右兵部大輔大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝9年6月23日年紀|宴席|無常|悲嘆|三形王

校異

特に無し

寛永版本

うつりゆく[寛],
ときみるごとに,[寛]ときみることに,
こころいたく[寛],
むかしのひとし[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました