万葉集4473番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4473番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4473番について

歌番号

4473番

原文

宇知比左須|美也古乃比等尓|都氣麻久波|美之比乃其等久|安里等都氣己曽

訓読

うちひさす都の人に告げまくは見し日のごとくありと告げこそ

かな読み

うちひさす|みやこのひとに|つげまくは|みしひのごとく|ありとつげこそ

カタカナ読み

ウチヒサス|ミヤコノヒトニ|ツゲマクハ|ミシヒノゴトク|アリトツゲコソ

ローマ字読み|大文字

UCHIHISASU|MIYAKONOHITONI|TSUGEMAKUHA|MISHIHINOGOTOKU|ARITOTSUGEKOSO

ローマ字読み|小文字

uchihisasu|miyakonohitoni|tsugemakuha|mishihinogotoku|aritotsugekoso

左注|左註

右一首守山背王歌也|主人安宿奈杼麻呂語云|奈杼麻呂被差朝集使擬入京師|因此餞之日各<作>歌聊陳所心也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年11月8日年紀|安宿王|安宿奈杼麻呂|宴席|出発|羈旅|餞別|島根

校異

作此->作【元】

寛永版本

うちひさす[寛],
みやこのひとに[寛],
つげまくは,[寛]つけまくは,
みしひのごとく,[寛]みしひのことく,
ありとつげこそ,[寛]ありとつけこそ,

巻数

第20巻

作者

山背王

タイトルとURLをコピーしました