万葉集4470番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4470番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4470番について

歌番号

4470番

原文

美都煩奈須|可礼流身曽等波|之礼々杼母|奈保之祢我比都|知等世能伊乃知乎

訓読

水泡なす仮れる身ぞとは知れれどもなほし願ひつ千年の命を

かな読み

みつぼなす|かれるみぞとは|しれれども|なほしねがひつ|ちとせのいのちを

カタカナ読み

ミツボナス|カレルミゾトハ|シレレドモ|ナホシネガヒツ|チトセノイノチヲ

ローマ字読み|大文字

MITSUBONASU|KARERUMIZOTOHA|SHIREREDOMO|NAHOSHINEGAHITSU|CHITOSENOINOCHIO

ローマ字読み|小文字

mitsubonasu|karerumizotoha|shireredomo|nahoshinegahitsu|chitosenoinochio

左注|左註

以前歌六首六月十七日大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年6月17日年紀|無常|仏教|求道|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

みつぼなす,[寛]みつほなす,
かれるみぞとは,[寛]かれるみそとは,
しれれども,[寛]しれれとも,
なほしねがひつ,[寛]なほしねかひつ,
ちとせのいのちを[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました