万葉集4379番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4379番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4379番について

歌番号

4379番

原文

之良奈美乃|与曽流波麻倍尓|和可例奈波|伊刀毛須倍奈美|夜多妣蘇弖布流

訓読

白波の寄そる浜辺に別れなばいともすべなみ八度袖振る

かな読み

しらなみの|よそるはまへに|わかれなば|いともすべなみ|やたびそでふる

カタカナ読み

シラナミノ|ヨソルハマヘニ|ワカレナバ|イトモスベナミ|ヤタビソデフル

ローマ字読み|大文字

SHIRANAMINO|YOSORUHAMAHENI|WAKARENABA|ITOMOSUBENAMI|YATABISODEFURU

ローマ字読み|小文字

shiranamino|yosoruhamaheni|wakarenaba|itomosubenami|yatabisodefuru

左注|左註

右一首足利郡上丁大舎人部祢麻呂||二月十四日下野國防人部領使正六位上田口朝臣大戸進歌數十八首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月14日年紀|防人歌|出発|別離|悲別|羈旅|栃木|田口大戸

校異

波【元】婆

寛永版本

しらなみの[寛],
よそるはまへに,[寛]よするはまへに,
わかれなば,[寛]わかれなは,
いともすべなみ,[寛]いともすへなみ,
やたびそでふる,[寛]やたひそてふる,

巻数

第20巻

作者

大舎人部祢麻呂

タイトルとURLをコピーしました