万葉集4401番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4401番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4401番について

歌番号

4401番

原文

可良己呂<武>|須<宗>尓等里都伎|奈苦古良乎|意伎弖曽伎<怒>也|意母奈之尓志弖

訓読

唐衣裾に取り付き泣く子らを置きてぞ来のや母なしにして

かな読み

からころむ|すそにとりつき|なくこらを|おきてぞきのや|おもなしにして

カタカナ読み

カラコロム|スソニトリツキ|ナクコラヲ|オキテゾキノヤ|オモナシニシテ

ローマ字読み|大文字

KARAKOROMU|SUSONITORITSUKI|NAKUKORAO|OKITEZOKINOYA|OMONASHINISHITE

ローマ字読み|小文字

karakoromu|susonitoritsuki|nakukorao|okitezokinoya|omonashinishite

左注|左註

右一首國造小縣郡他田舎人大嶋||二月廿二日信濃國防人部領使上道得病不来|進歌<數>十二首|但拙劣歌者不取載之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝7年2月22日年紀|防人歌|悲別|悲嘆|長野

校異

茂->武【元】【類】|曽->宗【元】【春】|奴->怒【元】【類】【細】

寛永版本

からころむ,[寛]からころも,
すそにとりつき[寛],
なくこらを[寛],
おきてぞきのや,[寛]おきてそきぬや,
おもなしにして[寛],

巻数

第20巻

作者

他田舎人大嶋

タイトルとURLをコピーしました