万葉集4490番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4490番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4490番について

歌番号

4490番

原文

安良多末能|等之由伎我敝理|波流多々婆|末豆和我夜度尓|宇具比須波奈家

訓読

あらたまの年行き返り春立たばまづ我が宿に鴬は鳴け

かな読み

あらたまの|としゆきがへり|はるたたば|まづわがやどに|うぐひすはなけ

カタカナ読み

アラタマノ|トシユキガヘリ|ハルタタバ|マヅワガヤドニ|ウグヒスハナケ

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TOSHIYUKIGAHERI|HARUTATABA|MAZUWAGAYADONI|UGUHISUHANAKE

ローマ字読み|小文字

aratamano|toshiyukigaheri|harutataba|mazuwagayadoni|uguhisuhanake

左注|左註

右一首右中辨大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平宝字1年12月18日年紀|枕詞|動物|宴席|三形王

校異

特に無し

寛永版本

あらたまの[寛],
としゆきがへり,[寛]としゆきかへり,
はるたたば,[寛]はるたたは,
まづわがやどに,[寛]まつわかやとに,
うぐひすはなけ,[寛]うくひすはなけ,

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました