万葉集4469番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4469番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4469番について

歌番号

4469番

原文

和多流日能|加氣尓伎保比弖|多豆祢弖奈|伎欲吉曽能美知|末多母安波無多米

訓読

渡る日の影に競ひて尋ねてな清きその道またもあはむため

かな読み

わたるひの|かげにきほひて|たづねてな|きよきそのみち|またもあはむため

カタカナ読み

ワタルヒノ|カゲニキホヒテ|タヅネテナ|キヨキソノミチ|マタモアハムタメ

ローマ字読み|大文字

WATARUHINO|KAGENIKIHOHITE|TAZUNETENA|KIYOKISONOMICHI|MATAMOAHAMUTAME

ローマ字読み|小文字

wataruhino|kagenikihohite|tazunetena|kiyokisonomichi|matamoahamutame

左注|左註

以前歌六首六月十七日大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平勝宝8年6月17日年紀|無常|仏教|求道

校異

特に無し

寛永版本

わたるひの[寛],
かげにきほひて,[寛]かけにきほひて,
たづねてな,[寛]たつねてな,
きよきそのみち[寛],
またもあはむため[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました