万葉集4312番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4312番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4312番について

歌番号

4312番

原文

秋草尓|於久之良都由能|安可受能未|安比見流毛乃乎|月乎之麻多牟

訓読

秋草に置く白露の飽かずのみ相見るものを月をし待たむ

かな読み

あきくさに|おくしらつゆの|あかずのみ|あひみるものを|つきをしまたむ

カタカナ読み

アキクサニ|オクシラツユノ|アカズノミ|アヒミルモノヲ|ツキヲシマタム

ローマ字読み|大文字

AKIKUSANI|OKUSHIRATSUYUNO|AKAZUNOMI|AHIMIRUMONO|TSUKIOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

akikusani|okushiratsuyuno|akazunomi|ahimirumono|tsukioshimatamu

左注|左註

右大伴宿祢家持獨仰天海作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝6年7月7日年紀|七夕|独詠

校異

特に無し

寛永版本

あきくさに[寛],
おくしらつゆの[寛],
あかずのみ,[寛]あかすのみ,
あひみるものを[寛],
つきをしまたむ[寛],

巻数

第20巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました