万葉集4279番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4279番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4279番について

歌番号

4279番

原文

能登河乃|後者相牟|之麻之久母|別等伊倍婆|可奈之久母在香

訓読

能登川の後には逢はむしましくも別るといへば悲しくもあるか

かな読み

のとがはの|のちにはあはむ|しましくも|わかるといへば|かなしくもあるか

カタカナ読み

ノトガハノ|ノチニハアハム|シマシクモ|ワカルトイヘバ|カナシクモアルカ

ローマ字読み|大文字

NOTOGAHANO|NOCHINIHAAHAMU|SHIMASHIKUMO|WAKARUTOIHEBA|KANASHIKUMOARUKA

ローマ字読み|小文字

notogahano|nochinihaahamu|shimashikumo|wakarutoiheba|kanashikumoaruka

左注|左註

右一首治部卿船王

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月27日年紀|宴席|橘奈良麻呂|餞別|悲別|出発|羈旅|序詞|地名|奈良

校異

特に無し

寛永版本

のとがはの,[寛]のとかはの,
のちにはあはむ[寛],
しましくも[寛],
わかるといへば,[寛]わかれといへは,
かなしくもあるか[寛],

巻数

第19巻

作者

船王

タイトルとURLをコピーしました