万葉集4249番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4249番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4249番について

歌番号

4249番

原文

伊波世野尓|秋芽子之努藝|馬並|始鷹猟太尓|不為哉将別

訓読

石瀬野に秋萩しのぎ馬並めて初鷹猟だにせずや別れむ

かな読み

いはせのに|あきはぎしのぎ|うまなめて|はつとがりだに|せずやわかれむ

カタカナ読み

イハセノニ|アキハギシノギ|ウマナメテ|ハツトガリダニ|セズヤワカレム

ローマ字読み|大文字

IHASENONI|AKIHAGISHINOGI|UMANAMETE|HATSUTOGARIDANI|SEZUYAWAKAREMU

ローマ字読み|小文字

ihasenoni|akihagishinogi|umanamete|hatsutogaridani|sezuyawakaremu

左注|左註

右八月四日贈之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年8月4日年紀|地名|富山|鷹狩り|宴席|餞別|悲別|出発|久米広縄|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

いはせのに[寛],
あきはぎしのぎ,[寛]あきはきしのき,
うまなめて,[寛]むまなめて,
はつとがりだに,[寛]はつとかりたに,
せずやわかれむ,[寛]せてやわかれむ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました