万葉集4176番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4176番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4176番について

歌番号

4176番

原文

我門従|喧過度|霍公鳥|伊夜奈都可之久|雖聞飽不足|[毛能波氐尓乎六箇辞闕之]

訓読

我が門ゆ鳴き過ぎ渡る霍公鳥いやなつかしく聞けど飽き足らず|[毛能波C尓乎六箇辞闕之]

かな読み

わがかどゆ|なきすぎわたる|ほととぎす|いやなつかしく|きけどあきたらず

カタカナ読み

ワガカドユ|ナキスギワタル|ホトトギス|イヤナツカシク|キケドアキタラズ

ローマ字読み|大文字

WAGAKADOYU|NAKISUGIWATARU|HOTOTOGISU|IYANATSUKASHIKU|KIKEDOAKITARAZU

ローマ字読み|小文字

wagakadoyu|nakisugiwataru|hototogisu|iyanatsukashiku|kikedoakitarazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年紀|恋情|動物|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

わがかどゆ,[寛]わかかとゆ,
なきすぎわたる,[寛]なきすきわたる,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
いやなつかしく[寛],
きけどあきたらず,[寛]きけとあきたらす,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました