万葉集4272番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4272番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4272番について

歌番号

4272番

原文

天地尓|足之照而|吾大皇|之伎座婆可母|樂伎小里

訓読

天地に足らはし照りて我が大君敷きませばかも楽しき小里

かな読み

あめつちに|たらはしてりて|わがおほきみ|しきませばかも|たのしきをさと

カタカナ読み

アメツチニ|タラハシテリテ|ワガオホキミ|シキマセバカモ|タノシキヲサト

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHINI|TARAHASHITERITE|WAGAOHOKIMI|SHIKIMASEBAKAMO|TANOSHIKIOSATO

ローマ字読み|小文字

ametsuchini|tarahashiterite|wagaohokimi|shikimasebakamo|tanoshikiosato

左注|左註

右一首少納言大伴宿祢家持|[未奏]

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月8日年紀|未奏|橘諸兄|宴席|肆宴|大君讃美

校異

特に無し

寛永版本

あめつちに[寛],
たらはしてりて,[寛]たらしてらして,
わがおほきみ,[寛]わかきみの,
しきませばかも,[寛]きいまさはかも,
たのしきをさと,[寛]うれしみきをり,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました