万葉集4258番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4258番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4258番について

歌番号

4258番

原文

明日香河|々戸乎清美|後居而|戀者京|弥遠曽伎奴

訓読

明日香川川門を清み後れ居て恋ふれば都いや遠そきぬ

かな読み

あすかがは|かはとをきよみ|おくれゐて|こふればみやこ|いやとほそきぬ

カタカナ読み

アスカガハ|カハトヲキヨミ|オクレヰテ|コフレバミヤコ|イヤトホソキヌ

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|KAHATOKIYOMI|OKUREITE|KOFUREBAMIYAKO|IYATOHOSOKINU

ローマ字読み|小文字

asukagaha|kahatokiyomi|okureite|kofurebamiyako|iyatohosokinu

左注|左註

右一首左中辨中臣朝臣清麻呂傳誦|古京時歌也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年10月22日年紀|地名|明日香|奈良|中臣清麻呂|伝誦|古歌|恋情|宴席

校異

特に無し

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
かはとをきよみ[寛],
おくれゐて[寛],
こふればみやこ,[寛]こふれはみやこ,
いやとほそきぬ[寛],

巻数

第19巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました