万葉集4271番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4271番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4271番について

歌番号

4271番

原文

松影乃|清濱邊尓|玉敷者|君伎麻佐牟可|清濱邊尓

訓読

松蔭の清き浜辺に玉敷かば君来まさむか清き浜辺に

かな読み

まつかげの|きよきはまへに|たましかば|きみきまさむか|きよきはまへに

カタカナ読み

マツカゲノ|キヨキハマヘニ|タマシカバ|キミキマサムカ|キヨキハマヘニ

ローマ字読み|大文字

MATSUKAGENO|KIYOKIHAMAHENI|TAMASHIKABA|KIMIKIMASAMUKA|KIYOKIHAMAHENI

ローマ字読み|小文字

matsukageno|kiyokihamaheni|tamashikaba|kimikimasamuka|kiyokihamaheni

左注|左註

右一首右大辨藤原八束朝臣

事項|分類・ジャンル

天平勝宝4年11月8日年紀|宴席|肆宴|聖武天皇|見立賸|橘諸兄

校異

特に無し

寛永版本

まつかげの,[寛]まつかけの,
きよきはまへに[寛],
たましかば,[寛]たましかは,
きみきまさむか[寛],
きよきはまへに[寛],

巻数

第19巻

作者

藤原八束

タイトルとURLをコピーしました