万葉集4181番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4181番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4181番について

歌番号

4181番

原文

左夜深而|暁月尓|影所見而|鳴霍公鳥|聞者夏借

訓読

さ夜更けて暁月に影見えて鳴く霍公鳥聞けばなつかし

かな読み

さよふけて|あかときつきに|かげみえて|なくほととぎす|きけばなつかし

カタカナ読み

サヨフケテ|アカトキツキニ|カゲミエテ|ナクホトトギス|キケバナツカシ

ローマ字読み|大文字

SAYOFUKETE|AKATOKITSUKINI|KAGEMIETE|NAKUHOTOTOGISU|KIKEBANATSUKASHI

ローマ字読み|小文字

sayofukete|akatokitsukini|kagemiete|nakuhototogisu|kikebanatsukashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月年紀|動物|懐旧|恋情|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

さよふけて[寛],
あかときつきに,[寛]あかつきつきに,
かげみえて,[寛]かけみえて,
なくほととぎす,[寛]なくほとときす,
きけばなつかし,[寛]きけはなつかし,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました