万葉集4241番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4241番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4241番について

歌番号

4241番

原文

春日野尓|伊都久三諸乃|梅花|榮而在待|還来麻泥

訓読

春日野に斎く三諸の梅の花栄えてあり待て帰りくるまで

かな読み

かすがのに|いつくみもろの|うめのはな|さかえてありまて|かへりくるまで

カタカナ読み

カスガノニ|イツクミモロノ|ウメノハナ|サカエテアリマテ|カヘリクルマデ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONI|ITSUKUMIMORONO|UMENOHANA|SAKAETEARIMATE|KAHERIKURUMADE

ローマ字読み|小文字

kasuganoni|itsukumimorono|umenohana|sakaetearimate|kaherikurumade

左注|左註

右件歌者傳誦之人越中大目高安倉人種麻呂是也|但年月次者随聞之時載於此焉

事項|分類・ジャンル

天平5年年紀|遣唐使|餞別|出発|神祭り|羈旅|春日野|伝誦|高安種麻呂|天平勝宝3年|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

かすがのに,[寛]かすかのに,
いつくみもろの[寛],
うめのはな[寛],
さかえてありまて,[寛]さきてありまて,
かへりくるまで,[寛]かへりくるまて,

巻数

第19巻

作者

藤原清河

タイトルとURLをコピーしました