万葉集4250番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4250番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4250番について

歌番号

4250番

原文

之奈謝可流|越尓五箇年|住々而|立別麻久|惜初夜可<毛>

訓読

しなざかる越に五年住み住みて立ち別れまく惜しき宵かも

かな読み

しなざかる|こしにいつとせ|すみすみて|たちわかれまく|をしきよひかも

カタカナ読み

シナザカル|コシニイツトセ|スミスミテ|タチワカレマク|ヲシキヨヒカモ

ローマ字読み|大文字

SHINAZAKARU|KOSHINIITSUTOSE|SUMISUMITE|TACHIWAKAREMAKU|OSHIKIYOHIKAMO

ローマ字読み|小文字

shinazakaru|koshiniitsutose|sumisumite|tachiwakaremaku|oshikiyohikamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年8月5日年紀|枕詞|餞別|悲別|宴席|内蔵縄麻呂|出発|羈旅|高岡|富山

校異

作歌【元】作|母->毛【元】【類】【文】

寛永版本

しなざかる,[寛]しなさかる,
こしにいつとせ[寛],
すみすみて[寛],
たちわかれまく[寛],
をしきよひかも[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました