万葉集4248番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4248番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4248番について

歌番号

4248番

原文

荒玉乃|年緒長久|相見氐之|彼心引|将忘也毛

訓読

あらたまの年の緒長く相見てしその心引き忘らえめやも

かな読み

あらたまの|としのをながく|あひみてし|そのこころひき|わすらえめやも

カタカナ読み

アラタマノ|トシノヲナガク|アヒミテシ|ソノココロヒキ|ワスラエメヤモ

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TOSHINONAGAKU|AHIMITESHI|SONOKOKOROHIKI|WASURAEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

aratamano|toshinonagaku|ahimiteshi|sonokokorohiki|wasuraemeyamo

左注|左註

右八月四日贈之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年8月4日年紀|宴席|餞別|悲別|羈旅|出発|久米広縄|高岡|富山|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

あらたまの[寛],
としのをながく,[寛]としのをなかく,
あひみてし[寛],
そのこころひき,[寛]かのこころひき,
わすらえめやも,[寛]わすられぬやも,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました