万葉集4283番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4283番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4283番について

歌番号

4283番

原文

梅花|開有之中尓|布敷賣流波|戀哉許母礼留|雪乎待等可

訓読

梅の花咲けるが中にふふめるは恋か隠れる雪を待つとか

かな読み

うめのはな|さけるがなかに|ふふめるは|こひかこもれる|ゆきをまつとか

カタカナ読み

ウメノハナ|サケルガナカニ|フフメルハ|コヒカコモレル|ユキヲマツトカ

ローマ字読み|大文字

UMENOHANA|SAKERUGANAKANI|FUFUMERUHA|KOHIKAKOMORERU|YUKIOMATSUTOKA

ローマ字読み|小文字

umenohana|sakeruganakani|fufumeruha|kohikakomoreru|yukiomatsutoka

左注|左註

右一首中務大輔茨田王

事項|分類・ジャンル

天平勝宝5年1月4日年紀|宴席|植物|恋愛|見立賸|譬喩|石上宅嗣

校異

特に無し

寛永版本

うめのはな[寛],
さけるがなかに,[寛]さけるかなかに,
ふふめるは[寛],
こひかこもれる,[寛]こひやこもれる,
ゆきをまつとか[寛],

巻数

第19巻

作者

茨田王

タイトルとURLをコピーしました