万葉集4196番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4196番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4196番について

歌番号

4196番

原文

月立之|日欲里乎伎都追|敲自努比|麻泥騰伎奈可奴|霍公鳥可母

訓読

月立ちし日より招きつつうち偲ひ待てど来鳴かぬ霍公鳥かも

かな読み

つきたちし|ひよりをきつつ|うちしのひ|まてどきなかぬ|ほととぎすかも

カタカナ読み

ツキタチシ|ヒヨリヲキツツ|ウチシノヒ|マテドキナカヌ|ホトトギスカモ

ローマ字読み|大文字

TSUKITACHISHI|HIYORIOKITSUTSU|UCHISHINOHI|MATEDOKINAKANU|HOTOTOGISUKAMO

ローマ字読み|小文字

tsukitachishi|hiyoriokitsutsu|uchishinohi|matedokinakanu|hototogisukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月年紀|動物|怨恨|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

つきたちし[寛],
ひよりをきつつ[寛],
うちしのひ[寛],
まてどきなかぬ,[寛]まてときなかぬ,
ほととぎすかも,[寛]ほとときすかも,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました