万葉集4221番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4221番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4221番について

歌番号

4221番

原文

可久婆可里|古<非>之久志安良婆|末蘇可我美|弥奴比等吉奈久|安良麻之母能乎

訓読

かくばかり恋しくしあらばまそ鏡見ぬ日時なくあらましものを

かな読み

かくばかり|こひしくしあらば|まそかがみ|みぬひときなく|あらましものを

カタカナ読み

カクバカリ|コヒシクシアラバ|マソカガミ|ミヌヒトキナク|アラマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

KAKUBAKARI|KOHISHIKUSHIARABA|MASOKAGAMI|MINUHITOKINAKU|ARAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

kakubakari|kohishikushiaraba|masokagami|minuhitokinaku|aramashimono

左注|左註

右二首大伴氏坂上郎女賜女子大嬢也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年年紀|贈答|坂上大嬢|枕詞|恋情

校異

悲->非【元】【類】【紀】

寛永版本

かくばかり,[寛]かくはかり,
こひしくしあらば,[寛]こひしくしあらは,
まそかがみ,[寛]まそかかみ,
みぬひときなく[寛],
あらましものを[寛],

巻数

第19巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました