万葉集4259番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4259番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4259番について

歌番号

4259番

原文

十月|之具礼能常可|吾世古河|屋戸乃黄葉|可落所見

訓読

十月時雨の常か我が背子が宿の黄葉散りぬべく見ゆ

かな読み

かむなづき|しぐれのつねか|わがせこが|やどのもみちば|ちりぬべくみゆ

カタカナ読み

カムナヅキ|シグレノツネカ|ワガセコガ|ヤドノモミチバ|チリヌベクミユ

ローマ字読み|大文字

KAMUNAZUKI|SHIGURENOTSUNEKA|WAGASEKOGA|YADONOMOMICHIBA|CHIRINUBEKUMIYU

ローマ字読み|小文字

kamunazuki|shigurenotsuneka|wagasekoga|yadonomomichiba|chirinubekumiyu

左注|左註

右一首少納言大伴宿祢家持當時矚梨黄葉作此歌也

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年10月22日年紀|植物|属目|宴席

校異

特に無し

寛永版本

かむなづき,[寛]かみなつき,
しぐれのつねか,[寛]しくれのつねか,
わがせこが,[寛]わかせこか,
やどのもみちば,[寛]やとのもみちは,
ちりぬべくみゆ,[寛]ちりぬへくみゆ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました