万葉集4180番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4180番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4180番について

歌番号

4180番

原文

春過而|夏来向者|足桧木乃|山呼等余米|左夜中尓|鳴霍公鳥|始音乎|聞婆奈都可之|菖蒲|花橘乎|貫交|可頭良久麻<泥>尓|里響|喧渡礼騰母|尚之努波由

訓読

春過ぎて|夏来向へば|あしひきの|山呼び響め|さ夜中に|鳴く霍公鳥|初声を|聞けばなつかし|あやめぐさ|花橘を|貫き交へ|かづらくまでに|里響め|鳴き渡れども|なほし偲はゆ

かな読み

はるすぎて|なつきむかへば|あしひきの|やまよびとよめ|さよなかに|なくほととぎす|はつこゑを|きけばなつかし|あやめぐさ|はなたちばなを|ぬきまじへ|かづらくまでに|さととよめ|なきわたれども|なほししのはゆ

カタカナ読み

ハルスギテ|ナツキムカヘバ|アシヒキノ|ヤマヨビトヨメ|サヨナカニ|ナクホトトギス|ハツコヱヲ|キケバナツカシ|アヤメグサ|ハナタチバナヲ|ヌキマジヘ|カヅラクマデニ|サトトヨメ|ナキワタレドモ|ナホシシノハユ

ローマ字読み|大文字

HARUSUGITE|NATSUKIMUKAHEBA|ASHIHIKINO|YAMAYOBITOYOME|SAYONAKANI|NAKUHOTOTOGISU|HATSUKOEO|KIKEBANATSUKASHI|AYAMEGUSA|HANATACHIBANAO|NUKIMAJIHE|KAZURAKUMADENI|SATOTOYOME|NAKIWATAREDOMO|NAHOSHISHINOHAYU

ローマ字読み|小文字

harusugite|natsukimukaheba|ashihikino|yamayobitoyome|sayonakani|nakuhototogisu|hatsukoeo|kikebanatsukashi|ayamegusa|hanatachibanao|nukimajihe|kazurakumadeni|satotoyome|nakiwataredomo|nahoshishinohayu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月年紀|動物|懐旧|恋情|植物|高岡|富山

校異

面->泥【元】【類】

寛永版本

はるすぎて,[寛]はるすきて,
なつきむかへば,[寛]なつきむかへは,
あしひきの[寛],
やまよびとよめ,[寛]やまよひとよめ,
さよなかに[寛],
なくほととぎす,[寛]なくほとときす,
はつこゑを[寛],
きけばなつかし,[寛]きけはなつかし,
あやめぐさ,[寛]あやめくさ,
はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,
ぬきまじへ,[寛]ぬきましへ,
かづらくまでに,[寛]かつらぬくまてに,
さととよめ,[寛]さととよみ,
なきわたれども,[寛]なきわたれとも,
なほししのはゆ[寛],

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました