万葉集4238番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4238番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4238番について

歌番号

4238番

原文

君之徃|若久尓有婆|梅柳|誰与共可|吾縵可牟

訓読

君が行きもし久にあらば梅柳誰れとともにか我がかづらかむ

かな読み

きみがゆき|もしひさにあらば|うめやなぎ|たれとともにか|わがかづらかむ

カタカナ読み

キミガユキ|モシヒサニアラバ|ウメヤナギ|タレトトモニカ|ワガカヅラカム

ローマ字読み|大文字

KIMIGAYUKI|MOSHIHISANIARABA|UMEYANAGI|TARETOTOMONIKA|WAGAKAZURAKAMU

ローマ字読み|小文字

kimigayuki|moshihisaniaraba|umeyanagi|taretotomonika|wagakazurakamu

左注|左註

右判官久米朝臣廣縄以正税帳應入京師|仍守大伴宿祢家持作此歌也|但越中風土梅花柳絮三月初咲耳

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年2月2日年紀|宴席|植物|餞別|旅立ち|出発|久米広縄|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

きみがゆき,[寛]きみかゆき,
もしひさにあらば,[寛]もしひさにあらは,
うめやなぎ,[寛]うめやなき,
たれとともにか[寛],
わがかづらかむ,[寛]わかかつらせむ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました