万葉集4194番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4194番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4194番について

歌番号

4194番

原文

霍公鳥|喧渡奴等|告礼騰毛|吾聞都我受|花波須疑都追

訓読

霍公鳥鳴き渡りぬと告ぐれども我れ聞き継がず花は過ぎつつ

かな読み

ほととぎす|なきわたりぬと|つぐれども|われききつがず|はなはすぎつつ

カタカナ読み

ホトトギス|ナキワタリヌト|ツグレドモ|ワレキキツガズ|ハナハスギツツ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAKIWATARINUTO|TSUGUREDOMO|WAREKIKITSUGAZU|HANAHASUGITSUTSU

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nakiwatarinuto|tsuguredomo|warekikitsugazu|hanahasugitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月年紀|動物|恋情|怨恨|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なきわたりぬと[寛],
つぐれども,[寛]つくれとも,
われききつがず,[寛]われききつかす,
はなはすぎつつ,[寛]はなはすきつつ,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました