万葉集4256番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4256番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4256番について

歌番号

4256番

原文

古昔尓|君之三代經|仕家利|吾大主波|七世申祢

訓読

いにしへに君が三代経て仕へけり我が大主は七代申さね

かな読み

いにしへに|きみがみよへて|つかへけり|あがおほぬしは|ななよまをさね

カタカナ読み

イニシヘニ|キミガミヨヘテ|ツカヘケリ|アガオホヌシハ|ナナヨマヲサネ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENI|KIMIGAMIYOHETE|TSUKAHEKERI|AGAOHONUSHIHA|NANAYOMAOSANE

ローマ字読み|小文字

inishiheni|kimigamiyohete|tsukahekeri|agaohonushiha|nanayomaosane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝3年8月5日年紀|予作|橘諸兄|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

いにしへに[寛],
きみがみよへて,[寛]きみかみよへて,
つかへけり[寛],
あがおほぬしは,[寛]わかおほきみは,
ななよまをさね,[寛]ななよまうさね,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました