万葉集4212番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4212番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4212番について

歌番号

4212番

原文

乎等女等之|後<乃>表跡|黄楊小櫛|生更生而|靡家良思母

訓読

娘子らが後の標と黄楊小櫛生ひ変り生ひて靡きけらしも

かな読み

をとめらが|のちのしるしと|つげをぐし|おひかはりおひて|なびきけらしも

カタカナ読み

ヲトメラガ|ノチノシルシト|ツゲヲグシ|オヒカハリオヒテ|ナビキケラシモ

ローマ字読み|大文字

OTOMERAGA|NOCHINOSHIRUSHITO|TSUGEOGUSHI|OHIKAHARIOHITE|NABIKIKERASHIMO

ローマ字読み|小文字

otomeraga|nochinoshirushito|tsugeogushi|ohikahariohite|nabikikerashimo

左注|左註

右五月六日依興大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年5月6日年紀|植物|物語|追同|田辺福麻呂|高橋虫麻呂|依興|兎原娘子|物語

校異

能->乃【元】【類】【古】

寛永版本

をとめらが,[寛]をとめらか,
のちのしるしと[寛],
つげをぐし,[寛]つけをくし,
おひかはりおひて[寛],
なびきけらしも,[寛]なひきけらしも,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました