万葉集3964番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3964番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3964番について

歌番号

3964番

原文

山河乃|曽伎敝乎登保美|波之吉余思|伊母乎安比見受|可久夜奈氣加牟

訓読

山川のそきへを遠みはしきよし妹を相見ずかくや嘆かむ

かな読み

やまかはの|そきへをとほみ|はしきよし|いもをあひみず|かくやなげかむ

カタカナ読み

ヤマカハノ|ソキヘヲトホミ|ハシキヨシ|イモヲアヒミズ|カクヤナゲカム

ローマ字読み|大文字

YAMAKAHANO|SOKIHEOTOHOMI|HASHIKIYOSHI|IMOAHIMIZU|KAKUYANAGEKAMU

ローマ字読み|小文字

yamakahano|sokiheotohomi|hashikiyoshi|imoahimizu|kakuyanagekamu

左注|左註

右天平十九年春二月廿日越中國守之舘臥病悲傷聊作此歌

事項|分類・ジャンル

天平19年2月20日年紀|病気|悲嘆|恋情|高岡|富山

校異

天平十九年【元】十九年|廿【元】廿一|歌【西】謌

寛永版本

やまかはの[寛],
そきへをとほみ[寛],
はしきよし[寛],
いもをあひみず,[寛]いもをあひみす,
かくやなげかむ,[寛]かくやなけかむ,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました