万葉集4024番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4024番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4024番について

歌番号

4024番

原文

多知夜麻乃|由吉之久良之毛|波比都奇能|可波能和多理瀬|安夫美都加須毛

訓読

立山の雪し消らしも延槻の川の渡り瀬鐙漬かすも

かな読み

たちやまの|ゆきしくらしも|はひつきの|かはのわたりせ|あぶみつかすも

カタカナ読み

タチヤマノ|ユキシクラシモ|ハヒツキノ|カハノワタリセ|アブミツカスモ

ローマ字読み|大文字

TACHIYAMANO|YUKISHIKURASHIMO|HAHITSUKINO|KAHANOWATARISE|ABUMITSUKASUMO

ローマ字読み|小文字

tachiyamano|yukishikurashimo|hahitsukino|kahanowatarise|abumitsukasumo

左注|左註

右件歌詞者|依春出擧巡行諸郡|當時<當>所属目作之|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平20年春年紀|地名|富山|部内巡航|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

たちやまの[寛],
ゆきしくらしも[寛],
はひつきの[寛],
かはのわたりせ[寛],
あぶみつかすも,[寛]あふみつかすも,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました