万葉集3910番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3910番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集3910番について

歌番号

3910番

原文

珠尓奴久|安布知乎宅尓|宇恵多良婆|夜麻霍公鳥|可礼受許武可聞

訓読

玉に貫く楝を家に植ゑたらば山霍公鳥離れず来むかも

かな読み

たまにぬく|あふちをいへに|うゑたらば|やまほととぎす|かれずこむかも

カタカナ読み

タマニヌク|アフチヲイヘニ|ウヱタラバ|ヤマホトトギス|カレズコムカモ

ローマ字読み|大文字

TAMANINUKU|AFUCHIOIHENI|UETARABA|YAMAHOTOTOGISU|KAREZUKOMUKAMO

ローマ字読み|小文字

tamaninuku|afuchioiheni|uetaraba|yamahototogisu|karezukomukamo

左注|左註

右四月二日大伴宿祢書持従奈良宅贈兄家持

事項|分類・ジャンル

天平13年4月2日年紀|贈答|植物|動物|大伴家持|恭仁京|京都

校異

特に無し

寛永版本

たまにぬく[寛],
あふちをいへに[寛],
うゑたらば,[寛]うゑたらは,
やまほととぎす,[寛]やまほとときす,
かれずこむかも,[寛]かれすこむかも,

巻数

第17巻

作者

大伴書持

タイトルとURLをコピーしました