万葉集3892番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3892番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3892番について

歌番号

3892番

原文

伊蘇其登尓|海夫乃<釣>船|波氐尓家里|我船波氐牟|伊蘇乃之良奈久

訓読

礒ごとに海人の釣舟泊てにけり我が船泊てむ礒の知らなく

かな読み

いそごとに|あまのつりぶね|はてにけり|わがふねはてむ|いそのしらなく

カタカナ読み

イソゴトニ|アマノツリブネ|ハテニケリ|ワガフネハテム|イソノシラナク

ローマ字読み|大文字

ISOGOTONI|AMANOTSURIBUNE|HATENIKERI|WAGAFUNEHATEMU|ISONOSHIRANAKU

ローマ字読み|小文字

isogotoni|amanotsuribune|hatenikeri|wagafunehatemu|isonoshiranaku

左注|左註

右九首作者不審姓名

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|羈旅|大伴旅人|漂泊|旅愁

校異

鈎->釣【元】【類】【紀】

寛永版本

いそごとに,[寛]いそことに,
あまのつりぶね,[寛]あまのつりふね,
はてにけり[寛],
わがふねはてむ,[寛]わかふねはてむ,
いそのしらなく,[寛]いそのしらなく,

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました