万葉集4002番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4002番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4002番について

歌番号

4002番

原文

可多加比能|可波能瀬伎欲久|由久美豆能|多由流許登奈久|安里我欲比見牟

訓読

片貝の川の瀬清く行く水の絶ゆることなくあり通ひ見む

かな読み

かたかひの|かはのせきよく|ゆくみづの|たゆることなく|ありがよひみむ

カタカナ読み

カタカヒノ|カハノセキヨク|ユクミヅノ|タユルコトナク|アリガヨヒミム

ローマ字読み|大文字

KATAKAHINO|KAHANOSEKIYOKU|YUKUMIZUNO|TAYURUKOTONAKU|ARIGAYOHIMIMU

ローマ字読み|小文字

katakahino|kahanosekiyoku|yukumizuno|tayurukotonaku|arigayohimimu

左注|左註

四月廿七日大伴宿祢家持作之

事項|分類・ジャンル

天平19年4月27日年紀|地名|富山|山讃美|序詞|儀礼歌|寿歌|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

かたかひの[寛],
かはのせきよく[寛],
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
たゆることなく[寛],
ありがよひみむ,[寛]ありかよひみむ,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました