万葉集3998番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3998番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3998番について

歌番号

3998番

原文

和我夜度能|花橘乎|波奈其米尓|多麻尓曽安我奴久|麻多婆苦流之美

訓読

我が宿の花橘を花ごめに玉にぞ我が貫く待たば苦しみ

かな読み

わがやどの|はなたちばなを|はなごめに|たまにぞあがぬく|またばくるしみ

カタカナ読み

ワガヤドノ|ハナタチバナヲ|ハナゴメニ|タマニゾアガヌク|マタバクルシミ

ローマ字読み|大文字

WAGAYADONO|HANATACHIBANAO|HANAGOMENI|TAMANIZOAGANUKU|MATABAKURUSHIMI

ローマ字読み|小文字

wagayadono|hanatachibanao|hanagomeni|tamanizoaganuku|matabakurushimi

左注|左註

右一首傳誦主人大伴宿祢池主云尓

事項|分類・ジャンル

天平19年4月26日年紀|大伴池主|伝誦|古歌|石川水通|植物|宴席|餞別|出発|高岡|富山

校異

河->川【元】【類】

寛永版本

わがやどの,[寛]わかやとの,
はなたちばなを,[寛]はなたちはなを,
はなごめに,[寛]はなこめに,
たまにぞあがぬく,[寛]たまにそあかぬく,
またばくるしみ,[寛]またはくるしみ,

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました