万葉集3941番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3941番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3941番について

歌番号

3941番

原文

鴬能|奈久々良多尓々|宇知波米氐|夜氣波之奴等母|伎美乎之麻多武

訓読

鴬の鳴くくら谷にうちはめて焼けは死ぬとも君をし待たむ

かな読み

うぐひすの|なくくらたにに|うちはめて|やけはしぬとも|きみをしまたむ

カタカナ読み

ウグヒスノ|ナククラタニニ|ウチハメテ|ヤケハシヌトモ|キミヲシマタム

ローマ字読み|大文字

UGUHISUNO|NAKUKURATANINI|UCHIHAMETE|YAKEHASHINUTOMO|KIMIOSHIMATAMU

ローマ字読み|小文字

uguhisuno|nakukuratanini|uchihamete|yakehashinutomo|kimioshimatamu

左注|左註

右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也

事項|分類・ジャンル

動物|贈答|大伴家持|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

うぐひすの,[寛]うくひすの,
なくくらたにに[寛],
うちはめて[寛],
やけはしぬとも[寛],
きみをしまたむ[寛],

巻数

第17巻

作者

平群女郎

タイトルとURLをコピーしました