万葉集3979番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3979番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3979番について

歌番号

3979番

原文

安良多麻<乃>|登之可敝流麻泥|安比見祢婆|許己呂毛之努尓|於母保由流香聞

訓読

あらたまの年返るまで相見ねば心もしのに思ほゆるかも

かな読み

あらたまの|としかへるまで|あひみねば|こころもしのに|おもほゆるかも

カタカナ読み

アラタマノ|トシカヘルマデ|アヒミネバ|ココロモシノニ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

ARATAMANO|TOSHIKAHERUMADE|AHIMINEBA|KOKOROMOSHINONI|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

aratamano|toshikaherumade|ahimineba|kokoromoshinoni|omohoyurukamo

左注|左註

右三月廿日夜裏忽兮起戀情作|大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平19年3月20日年紀|望郷|恋情|悲別|枕詞|高岡|富山

校異

之->乃【元】【細】

寛永版本

あらたまの[寛],
としかへるまで,[寛]としかへるまて,
あひみねば,[寛]あひみねは,
こころもしのに[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました