万葉集3939番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3939番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

万葉集3939番について

歌番号

3939番

原文

佐刀知加久|伎美我奈里那婆|古非米也等|母登奈於毛比此|安連曽久夜思伎

訓読

里近く君がなりなば恋ひめやともとな思ひし我れぞ悔しき

かな読み

さとちかく|きみがなりなば|こひめやと|もとなおもひし|あれぞくやしき

カタカナ読み

サトチカク|キミガナリナバ|コヒメヤト|モトナオモヒシ|アレゾクヤシキ

ローマ字読み|大文字

SATOCHIKAKU|KIMIGANARINABA|KOHIMEYATO|MOTONAOMOHISHI|AREZOKUYASHIKI

ローマ字読み|小文字

satochikaku|kimiganarinaba|kohimeyato|motonaomohishi|arezokuyashiki

左注|左註

右件十二首歌者時々寄便使来贈非在<一>度所送也

事項|分類・ジャンル

贈答|大伴家持|恋情|悲別|女歌

校異

特に無し

寛永版本

さとちかく[寛],
きみがなりなば,[寛]きみかなりなは,
こひめやと[寛],
もとなおもひし[寛],
あれぞくやしき,[寛]あれそくやしき,

巻数

第17巻

作者

平群女郎

タイトルとURLをコピーしました