万葉集3947番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3947番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3947番について

歌番号

3947番

原文

家佐能安佐氣|秋風左牟之|登保都比等|加里我来鳴牟|等伎知可美香物

訓読

今朝の朝明秋風寒し遠つ人雁が来鳴かむ時近みかも

かな読み

けさのあさけ|あきかぜさむし|とほつひと|かりがきなかむ|ときちかみかも

カタカナ読み

ケサノアサケ|アキカゼサムシ|トホツヒト|カリガキナカム|トキチカミカモ

ローマ字読み|大文字

KESANOASAKE|AKIKAZESAMUSHI|TOHOTSUHITO|KARIGAKINAKAMU|TOKICHIKAMIKAMO

ローマ字読み|小文字

kesanoasake|akikazesamushi|tohotsuhito|karigakinakamu|tokichikamikamo

左注|左註

右二首守大伴宿祢家持作

事項|分類・ジャンル

天平18年8月7日年紀|動物|宴席|枕詞|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

けさのあさけ[寛],
あきかぜさむし,[寛]あきかせさむし,
とほつひと[寛],
かりがきなかむ,[寛]かりかきなかむ,
ときちかみかも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました