万葉集3965番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3965番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3965番について

歌番号

3965番

原文

波流能波奈|伊麻波左加里尓|仁保布良牟|乎里氐加射佐武|多治可良毛我母

訓読

春の花今は盛りににほふらむ折りてかざさむ手力もがも

かな読み

はるのはな|いまはさかりに|にほふらむ|をりてかざさむ|たぢからもがも

カタカナ読み

ハルノハナ|イマハサカリニ|ニホフラム|ヲリテカザサム|タヂカラモガモ

ローマ字読み|大文字

HARUNOHANA|IMAHASAKARINI|NIHOFURAMU|ORITEKAZASAMU|TAJIKARAMOGAMO

ローマ字読み|小文字

harunohana|imahasakarini|nihofuramu|oritekazasamu|tajikaramogamo

左注|左註

<二>月廿九日大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平19年2月29日年紀|大伴池主|贈答|病気|贈答|悲嘆|書簡|高岡|富山

校異

沈【元】染

寛永版本

はるのはな[寛],
いまはさかりに[寛],
にほふらむ[寛],
をりてかざさむ,[寛]をりてかささむ,
たぢからもがも,[寛]たちからをかも,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました