万葉集3997番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3997番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3997番について

歌番号

3997番

原文

安礼奈之等|奈和備和我勢故|保登等藝須|奈可牟佐都奇波|多麻乎奴香佐祢

訓読

我れなしとなわび我が背子霍公鳥鳴かむ五月は玉を貫かさね

かな読み

あれなしと|なわびわがせこ|ほととぎす|なかむさつきは|たまをぬかさね

カタカナ読み

アレナシト|ナワビワガセコ|ホトトギス|ナカムサツキハ|タマヲヌカサネ

ローマ字読み|大文字

ARENASHITO|NAWABIWAGASEKO|HOTOTOGISU|NAKAMUSATSUKIHA|TAMAONUKASANE

ローマ字読み|小文字

arenashito|nawabiwagaseko|hototogisu|nakamusatsukiha|tamaonukasane

左注|左註

右一首守大伴宿祢家持和

事項|分類・ジャンル

天平19年4月26日年紀|唱和|宴席|餞別|羈旅|出発|大伴池主|内蔵縄麻呂|動物|慰撫|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

あれなしと[寛],
なわびわがせこ,[寛]なわひわかせこ,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
なかむさつきは[寛],
たまをぬかさね[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました