万葉集3970番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3970番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3970番について

歌番号

3970番

原文

安之比奇能|夜麻佐久良婆奈|比等目太尓|伎美等之見氐婆|安礼古<非>米夜母

訓読

あしひきの山桜花一目だに君とし見てば我れ恋ひめやも

かな読み

あしひきの|やまさくらばな|ひとめだに|きみとしみてば|あれこひめやも

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマサクラバナ|ヒトメダニ|キミトシミテバ|アレコヒメヤモ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMASAKURABANA|HITOMEDANI|KIMITOSHIMITEBA|AREKOHIMEYAMO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamasakurabana|hitomedani|kimitoshimiteba|arekohimeyamo

左注|左註

三月三日大伴宿祢家持

事項|分類・ジャンル

天平19年3月3日年紀|贈答|大伴池主書簡|枕詞|植物|恋情|悲嘆|高岡|富山

校異

悲->非【元】【類】【細】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまさくらばな,[寛]やまさくらはな,
ひとめだに,[寛]ひとめたに,
きみとしみてば,[寛]きみとしみては,
あれこひめやも[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました