万葉集3960番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3960番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3960番について

歌番号

3960番

原文

庭尓敷流|雪波知敝之久|思加乃未尓|於母比氐伎美乎|安我麻多奈久尓

訓読

庭に降る雪は千重敷くしかのみに思ひて君を我が待たなくに

かな読み

にはにふる|ゆきはちへしく|しかのみに|おもひてきみを|あがまたなくに

カタカナ読み

ニハニフル|ユキハチヘシク|シカノミニ|オモヒテキミヲ|アガマタナクニ

ローマ字読み|大文字

NIHANIFURU|YUKIHACHIHESHIKU|SHIKANOMINI|OMOHITEKIMIO|AGAMATANAKUNI

ローマ字読み|小文字

nihanifuru|yukihachiheshiku|shikanomini|omohitekimio|agamatanakuni

左注|左註

右以天平十八年八月掾大伴宿祢池主附大帳使赴向京師|而同年十一月還到本任|仍設詩酒之宴弾絲飲樂|是<日>也白雪忽降積地尺餘|此時也復漁夫之船入海浮瀾|爰守大伴宿祢家持寄情二眺聊裁所心

事項|分類・ジャンル

天平18年11月年紀|宴席|大伴池主|恋情|寄物陳思|高岡|富山

校異

歌【西】謌

寛永版本

にはにふる[寛],
ゆきはちへしく[寛],
しかのみに[寛],
おもひてきみを[寛],
あがまたなくに,[寛]あかまたなくに,

巻数

第17巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました