万葉集3896番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3896番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3896番について

歌番号

3896番

原文

家尓底母|多由多敷命|浪乃宇倍尓|思之乎礼波|於久香之良受母|[一云|宇伎氐之乎礼八]

訓読

家にてもたゆたふ命波の上に思ひし居れば奥か知らずも|[一云|浮きてし居れば]

かな読み

いへにても|たゆたふいのち|なみのうへに|おもひしをれば|おくかしらずも|[うきてしをれば]

カタカナ読み

イヘニテモ|タユタフイノチ|ナミノウヘニ|オモヒシヲレバ|オクカシラズモ|[ウキテシヲレバ]

ローマ字読み|大文字

IHENITEMO|TAYUTAFUINOCHI|NAMINOHENI|OMOHISHIOREBA|OKUKASHIRAZUMO|[UKITESHIOREBA]

ローマ字読み|小文字

ihenitemo|tayutafuinochi|naminoheni|omohishioreba|okukashirazumo|[ukiteshioreba]

左注|左註

右九首作者不審姓名

事項|分類・ジャンル

天平2年11月年紀|旅人従者|異伝|羈旅|漂泊|不安|大伴旅人

校異

特に無し

寛永版本

いへにても[寛],
たゆたふいのち[寛],
なみのうへに[寛],
おもひしをれば,[寛]おもひしをれは,
おくかしらずも,[寛]おくかしらすも,
[うきてしをれば],[寛]うきてしをれは,

巻数

第17巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました