万葉集3946番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3946番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3946番について

歌番号

3946番

原文

保登等藝須|奈伎氐須疑尓之|乎加備可良|秋風吹奴|余之母安良奈久尓

訓読

霍公鳥鳴きて過ぎにし岡びから秋風吹きぬよしもあらなくに

かな読み

ほととぎす|なきてすぎにし|をかびから|あきかぜふきぬ|よしもあらなくに

カタカナ読み

ホトトギス|ナキテスギニシ|ヲカビカラ|アキカゼフキヌ|ヨシモアラナクニ

ローマ字読み|大文字

HOTOTOGISU|NAKITESUGINISHI|OKABIKARA|AKIKAZEFUKINU|YOSHIMOARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

hototogisu|nakitesuginishi|okabikara|akikazefukinu|yoshimoaranakuni

左注|左註

右三首掾大伴宿祢池主作

事項|分類・ジャンル

天平18年8月7日年紀|動物|宴席|高岡|富山

校異

特に無し

寛永版本

ほととぎす,[寛]ほとときす,
なきてすぎにし,[寛]なきてすきにし,
をかびから,[寛]ちかひから,
あきかぜふきぬ,[寛]あきかせふきぬ,
よしもあらなくに[寛],

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました