万葉集4005番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4005番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4005番について

歌番号

4005番

原文

於知多藝都|可多加比我波能|多延奴期等|伊麻見流比等母|夜麻受可欲波牟

訓読

落ちたぎつ片貝川の絶えぬごと今見る人もやまず通はむ

かな読み

おちたぎつ|かたかひがはの|たえぬごと|いまみるひとも|やまずかよはむ

カタカナ読み

オチタギツ|カタカヒガハノ|タエヌゴト|イマミルヒトモ|ヤマズカヨハム

ローマ字読み|大文字

OCHITAGITSU|KATAKAHIGAHANO|TAENUGOTO|IMAMIRUHITOMO|YAMAZUKAYOHAMU

ローマ字読み|小文字

ochitagitsu|katakahigahano|taenugoto|imamiruhitomo|yamazukayohamu

左注|左註

右掾大伴宿祢池主和之|四月廿八日

事項|分類・ジャンル

天平19年4月28日年紀|唱和|大伴家持|土地讃美|地名|富山|山讃美|儀礼歌|寿歌

校異

特に無し

寛永版本

おちたぎつ,[寛]おちたきつ,
かたかひがはの,[寛]かたかひかはの,
たえぬごと,[寛]たえぬこと,
いまみるひとも[寛],
やまずかよはむ,[寛]やますかよはむ,

巻数

第17巻

作者

大伴池主

タイトルとURLをコピーしました